2020/9/17 木曜日

全建ジャーナル9月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:16:50
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php
•巻頭言『社会貢献と経営基盤強化を2本柱に』
一般社団法人 東京建設業協会 会長 今井 雅則
•建設工事の工期に関する基準について
国土交通省 不動産・建設経済局 建設業課
•都道府県建設業協会の活動 〜 3密を防ぐパーティション「KAMIKABE( かみかべ)」〜
一般社団法人 群馬県建設業協会 会長 青柳  剛
•会員企業NOW 古郡建設 株式会社(一般社団法人 埼玉県建設業協会会員) BREAK THROUGH 突き抜ける建設会社を目指して
古郡建設 株式会社
•建設産業図書館について
東日本建設業保証 建設産業図書館事務局 江口 知秀
•令和2年版 国土交通白書の概要(後)
国土交通省 総合政策局 政策課
•建設汚泥リサイクル製品の利用促進を目指して 〜「建設汚泥リサイクル製品評価の ための自主基準」及び「建設汚泥リサイクル製品事例集」について〜
公益社団法人 全国産業資源循環連合会
•建設工事紛争審査会の令和元年度紛争取扱・処理状況
国土交通省 不動産・建設経済局 建設業課 紛争調整官室(中央建設工事紛争審査会事務局)
•中央建設工事紛争審査会紛争処理状況 −令和2年度第1 四半期−
国土交通省 不動産・建設経済局 建設業課 紛争調整官室(中央建設工事紛争審査会事務局)
•全建会員企業における倒産状況等調査結果(令和2年4月〜 6月期)
一般社団法人 全国建設業協会 事業部
•働き方改革関連法のポイント解説(第3回)
建設労務安全研究会 労務管理委員会 社会保障小委員会
•エッセイ今夜も一杯「汗と水分補給(2)」
水田  敏
•文明の構造(第57回) 「地形と気象が生んだ中部のモノづくり(その2 ) ― 閉じこもりの地形― 」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•〉『<創造の夜明け>お雇い外国人 〜 日本近代化への貢献〜』(第5回)
作家 高崎 哲郎
•全建だより(令和2年7月)

2020/9/3 木曜日

8月18、20日開催!建設業で働く生の声が、生徒の皆さんの道標になる!「けんせつ小町と座談会」を開始しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 8:43:04

令和2年8月18日、20日の2日間、徳山工業高等専門学校(以下、徳山高専)と徳山商工高等学校(以下、徳山商工)において、女性を対象とした「けんせつ小町と座談会!」を開催しました。(主催:山口県、共催:中国地方整備局山口河川国道事務所、中国地方整備局山陰西部国道事務所、(一社)山口県建設業協会、後援:山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会)
このイベントは、建設業界で働く女性技術者・技能者等である「けんせつ小町」との交流を通して、建設業への女性の理解と関心を高めることを目的に行っています。
例年は座談会と併せて工事現場の見学会を開催していましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止し、座談会のみとなりました。

8月19日、徳山高専において開催した座談会には、徳山高専土木建築工学科4年の女子生徒6人と、けんせつ小町7人が参加

前半、後半に分けて、人数を分散し行いました。

また、同学科の別の生徒約10人もオンラインで見学しました。

生徒からの質問は、資格や残業、男性の職人さんとのやりとりなど仕事に関するものから、休みの日の過ごし方や趣味などプライベートなものまで多岐に及び、けんせつ小町の皆さんは一つ一つの質問にじっくりと考え、丁寧に回答していました。

今年は、コロナ禍でインターンシップ活動が難しいこともあり、「何を基準に就職先を決めたらいいのか分からない」との生徒からの質問には、「先生にしっかりと相談し、自分のやりたいことが実現できるか、譲れないものは何かを考えてみては」、「今しっかり悩んで迷うことは無駄ではなく、とても大切だと思う」と心強いアドバイスがありました。

徳山高専4年の淺田さん(写真左上)、岸田さん(写真右上)は、「実際に働いている人の意見を聴くことができ、とても参考になりました。希望の就職先はまだ決めかねていますが、“これ”というやりがいを会社に入ってから見つけたい」、「女性が少ない建設業において、困ったときは助け合って仕事ができるということを教えていただき、安心しました」と笑顔で話してくれました。

けんせつ小町として参加した山口河川国道事務所の布野里梨花さん(写真上)にお話を伺うと「建設業を志しながらも、公務員、民間企業、進学とどうすればいいか悩みますよね。今回の座談会の話で、少しでも生徒の皆さんの背中を押すことができればいいなと思います」と話されていました。

また、同じくけんせつ小町として参加した井森工業(株)の河野璃七さん(写真上)は「、私も昨年まで学生だったので、生徒の皆さんの悩む気持ちがとても良く分かりました。就職が決まれば安心できると思うので、前向きに進んでほしいです!」と話されていました。

8月20日、徳山商工において開催した座談会には、徳山商工1〜3年の女子生徒28人と、けんせつ小町12人が参加

はじめにパワーポイントなどを使用したけんせつ小町の方々の自己紹介が行われた後、二つの教室に分かれて座談会を行いました。

慣れ親しんでいる教室での座談会ということもあり、生徒の皆さんもとてもリラックスした雰囲気で話が弾み、高卒後・大卒後の就職ではそれぞれどんなメリット・デメリットがあるか、現場と設計の立場ではどんなやりとりがあるかなど、具体的な内容の質問が多くありました。

参加した徳山商工3年の岡田さん(写真左上)、佐藤さん(写真右上)は、それぞれ「自分の希望する職場の方の話を聴くことができ、とても参考になりました。今後の勉強にもやる気が出ました!」「たくさんの方と楽しく話をすることで、建設業で働くことへの不安も消えたように思います」と、イキイキとした表情で感想を話してくれました。

けんせつ小町として参加した平村設備工業(株)の金岡麻季さん(写真上)は、「私は雇う側の立場なのですが、生徒の皆さん一人一人がとてもしっかりした印象で、話に対して前向きだったので、ぜひうちの会社にもきてほしいなと思いました。女性ということで不安もあるかと思いますが、建設業といっても職種もさまざまなので、『やりたい』という気持ちを大切に育てていってほしいです」と話されていました。

また、同じくけんせつ小町として参加した周南市役所農林課の浦口実香さん(写真上)は、「残業や働き方など具体的な質問が多くあり、仕事のイメージをもって参加してくれているんだなと感心しました。女性の活躍の場も増えてきているので、どんどんチャレンジしてほしいですね」と話されていました。

徳山商工の松井幸司先生(写真上)は、「インターンシップも難しい中、実際に建設業で働く方々と話ができる大切な機会を与えてもらい、生徒たちの笑顔を見ることができて本当に嬉しいです。また今回は本校の卒業生が小町として参加してくれ、生徒たちにアドバイスをする姿も見られ、成長を感じることができました。学校という自分たちのホームで思う存分話が聴けて、生徒たちの活力になったのではないでしょうか」と話されていました。

多くのイベントが中止される中、けんせつ小町と生徒が直接話す貴重な機会となった今回の座談会。生徒の皆さんの未来につながる一助になることを願っています。 本協会では、今後も国や県と連携しながら、建設業への女性の入職促進に取り組んでいきます。

2020/8/11 火曜日

全建ジャーナル8月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:45:23
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php
•巻頭言『東日本、西日本、北海道』
北海道建設業信用保証株式会社 取締役社長 吉田 義一
•令和元年度における 都道府県建設業協会の災害対応
一般社団法人 全国建設業協会
•各都道府県建設業協会における災害協定などの締結状況について
一般社団法人 全国建設業協会
•指定地方公共機関の指定及び地方防災会議委員の就任状況
一般社団法人 全国建設業協会
•令和2 年度 建設業社会貢献活動推進月間中央行事を開催 一
指定地方公共機関の指定及び地方防災会議委員の就任状況
•令和2 年版 国土交通白書の概要(前)
国土交通省 総合政策局 政策課
•高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドラインの策定について
厚生労働省 労働基準局 安全衛生部安全課
•「令和2年度全国労働衛生週間」がはじまります! 〜令和2 年度スローガン〜 みなおして職場の環境からだの健康
建設業労働災害防止協会
•建退共制度の財政検証について
建設業退職金共済事業本部
•働き方改革関連法のポイント解説(第2回)
建設労務安全研究会 労務管理委員会 社会保障小委員会
•エッセイ今夜も一杯「汗と水分補給(1)」
水田  敏
•文明の構造(第56回)「地形と気象が生んだ中部のモノづくり(その1 ) ―情報と消費― 」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•『<創造の夜明け>お雇い外国人 〜 日本近代化への貢献〜』(第4回) <<工業教育の父>ダイヤーと工部大学校>
高崎 哲郎
•全建だより(令和2年6月)
•建設業のニューストピックス(2020年7月)

2020/7/29 水曜日

山口支部が「公共施設クリーンアップ作戦」として、ボランティアを行いました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 10:20:47

令和2年7月13日(月)(一社)山口県建設業協会山口支部では、山口県防府土木建築事務所、山口市及び秋穂・小郡・阿知須・徳地・阿東の各総合支所と協力して、市内6地区の清掃活動を行いました。
この活動は平成11年7月から建設業界の社会貢献活動の一環として山口支部が中心となり行っているもので、椹野川と道路・堤防等の環境美化を目的に「公共施設クリーンアップ作戦」として展開しています。

今回は会員企業15社から約60名が参加した県道山口小郡秋穂線、及び市道宮島町氷上線の清掃活動を取材しました。

■梅雨空の下、地域を明るくする清掃活動

当日は朝からあいにくの雨模様でしたが、山口市大内御堀の仁保川河川敷には続々と参加者が集合。9時前から開会式が行われ、山口支部の砂川泰一支部長(山口建設(株)代表取締役)から作業内容や注意事項などの説明があった後、ゴミ拾い、除草などの作業が開始されました。

連日雨が降り続いていたこともあり、土手の草は雨を含んで重く、足場も悪い中での作業となりましたが、参加した協会メンバーの方々は手慣れた様子で草を刈り取り、みるみるうちに草の山が積み上がっていきました。

また、たばこの吸い殻や紙くず等、歩道のゴミ拾いや草取りは一人ひとりが腰を屈めて丁寧に行われ、作業が終わった約2時間後には歩道や河川敷が見違えるように綺麗になりました。

砂川山口支部長(写真上)にお話を伺うと「環境美化はもちろんですが、河川敷や法面の草刈りは洪水等による災害発生の低減にもつながっています。地域を守るために変わらず活動を続けていきたいです。また災害の面で言えば、山口支部管内は山も多いので土砂崩れが心配です。安全パトロール時には特にそういった箇所を重点的に確認しています。今後も市や県と協力しながら地域の安全を見守っていきたい」とおっしゃっていました。
今年度より本協会の副会長にも就任された砂川支部長。「先輩方に習い、また若い世代とともに力を合わせながら、山口県の建設業を盛り上げていきたい」と意気込みを語っておられました。

この日集まったゴミの量は、可燃ごみ500kg、不燃ごみ1t、刈草20t。それぞれ処理場に運び作業が終了しました。

6地区合計では会員企業70社、約230人が参加し、汗を流した今回の活動。新型コロナウイルス感染症に加え、令和2年7月豪雨と社会不安が増している令和2年ですが、綺麗になった地元の風景に、少しでも地域の方々の心が晴れやかになることを願っています。
作業に参加された皆さん本当にお疲れ様でした。

2020/7/20 月曜日

全建ジャーナル7月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:15:32
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php
•巻頭言『会長就任にあたって』
一般社団法人 全国建設業協会 会長 奥村 太加典
•令和2年度 定時総会を開催
一般社団法人 全国建設業協会
•令和元年度 事業報告
一般社団法人 全国建設業協会
•近藤晴貞会長時代の全建のあゆみ
一般社団法人 全国建設業協会
•都道府県建設業協会の活動〜群馬県建設業協会における新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて〜
一般社団法人 群馬県建設業協会 会長 青柳  剛
•建設現場にメンタルヘルスは必要なのか−やらなきゃ分からん建災防方式 無記名ストレスチェックと健康KY −
株式会社 松本組 常務取締役 坪谷 広之
•建退共制度の電子申請方式による掛金納付について
建設業退職金共済事業本部
•令和2年度 既存不適合機械等更新支援補助金事業 第2回 補助金申請受付開始
建設業労働災害防止協会
•平成31年/令和元年の建設業における労働災害発生状況について
厚生労働省 安全衛生部 安全課 建設安全対策室
•全建会員企業における倒産状況等調査結果(令和2年1月〜3月期)
一般社団法人 全国建設業協会 事業部
•働き方改革関連法のポイント解説(第1回)
建設労務安全研究会 労務管理委員会 社会保障小委員会
•エッセイ今夜も一杯「金魚」
水田  敏
•文明の構造(第55回)「日本人の美意識 ― 地形が生んだ日本人( その2 )― 」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•〉『<創造の夜明け>お雇い外国人 〜 日本近代化への貢献〜』(第3回)
作家 高崎 哲郎
•全建だより(令和2年5月)
次のページ »
Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.149 sec. Powered by WordPress ME