2018/10/10 水曜日

優秀施工者(建設マスター)国土交通大臣顕彰式典が開催され、本協会推薦の3名が顕彰されました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:03:25

去る10月5日、東京都のメルパルクホールで開催された「平成30年度優秀施工者国土交通大臣顕彰式典」において、建設マスター422名と建設ジュニアマスター101名の授与式が行われました。

優秀施工者国土交通大臣顕彰者は、通称「建設マスター」と呼ばれています。
建設マスター制度は、建設現場において工事施工に直接従事し、優秀な技能・技術を有する建設技能者を「優秀施工者」として国土交通大臣が顕彰することで、「ものづくり」に携わっている者の誇りと意欲を増進させ、能力と資質の向上を促進するとともに、その社会的評価・地位の確立を図り、建設業の健全な発展に資することを目的として平成4年度に創設され、今年で27回目の顕彰となりました。

また、「建設ジュニアマスター」は、現場経験10年以上、39歳以下の若手を対象にしており、建設業界の喫緊の課題である若年入職促進活動の一環として、平成27年度に創設されました。

本協会では山口県土木建築部と共に、この制度の普及啓発に協力するため、毎年秋に「山口県優良工事表彰」を受賞された会員企業を対象に候補者の推薦を行い、平成30年度については下記3名が顕彰されました。 この度は誠におめでとうございます。

(写真上:左)荒堀 年郎(詁麝娵設:成長建設蠖篩Α
(写真上:中央)東 隆文(訛臈臈斂據Л褝眇楞反篩Α
(写真上:右)前田 典男(安藤建設蠖篩Α

式典の冒頭、石井 啓一 国土交通大臣(写真上)からは、
「建設産業は住宅や社会資本の整備、災害対応など重要な役割を担っており、人の技術・技能に支えられている産業である。建設産業がその役割を果たすためには、優秀な人材の確保、育成をしていくとともに、優れた技術・技能を次世代へと継承させていくことが重要である。国土交通省としては、平成30年3月に建設業働き方改革加速化プログラムを策定しており、今後とも次世代への継承のため、技能労働者の方々に労働環境を含めた処遇改善に注力していきたい。
本日顕彰された建設マスターの方々は、それぞれが長年に亘り、ものづくりの現場の第一線で優秀な技術・技能を発揮され、後進の指導にも積極的に取り組んできた、まさに“ものづくり、ひとづくりの名人”と称されるにふさわしい方々である。
また、建設ジュニアマスターは、今後も建設現場で更なる活躍が期待される方々である。皆様のこれまでのご尽力と受賞者を支えてこられたご家族に敬意を表すると共に心からお祝いを申し上げます。」
と挨拶されました。

その後、全国から集まった顕彰者及び関係者500名以上の方々でホールが埋めつくされ、地区ブロック毎に紹介がありました。

次に顕彰者を代表して、宮下氏が顕彰状を受け取り、竹ノ内氏が代表謝辞を行いました。
竹ノ内氏は「私たちは日頃、建設現場の第一線で働くことを誇りとし、優れた技術・技能の習得に精進してきた。過去に従事した工事において、大変な現場ほど達成感や満足感を味わうことができた。こういった充実した思いを若い人達にも味わって頂きたい。また、近年では、自然災害が多く発生しており、多くの尊い命や財産が失われていることを知る度に、災害からの復旧・復興はもちろん、災害に強い国土をつくることが私達、建設業に課せられた役割だと思っている。今回の顕彰の栄誉を深く胸に刻み、これに慢心することなく更に自己の技術・技能の向上を目指し、次世代を担う後進の指導・育成を積極的に取り組むことで、建設業の発展に微力ながらも貢献していきたい。」
と新たな決意を表明しました。

続いて39歳以下の建設ジュニアマスターも同様に各ブロック毎に読み上げられ、顕彰状授与と代表謝辞が行われました。

次に、受賞者の子供から寄せられた作文を司会者が紹介した後、今夏募集していた建設産業人材確保・育成推進協議会主催による「私たちの主張」の入選作品の発表が行われました。
発表後、国土交通大臣賞を受賞した作文2点「建設会社と共に歩んでみつけた宝物」の佐藤孝義さん(写真上:右)「愛されるふるさとづくりのために」の野原愛子さん(写真上:中央)が代表して、朗読を行いました。

また、高校生部門として「建設業の未来」を担う高校生の君たちへ・作文コンクールの発表も行われました。こちらも国土交通大臣賞として、作文1点「大切にしたい言葉」の曾我部七海さん(写真上:左)が朗読を行いました。
この3名を含めた入選作品については、本協会のHP「建設業の雇用改善とイメージアップコーナー」に今後リンクしますので、今しばらくお待ちください。

式典終了後は、ステージを模様替えして記念撮影会が行われました。

建設マスター関連の最近の話題としては、以前、顕彰を受賞した蠕湘臍函碧田支部)の西嶋 幸一 氏が「平成29年度山口県選奨(産業功労)」を受賞されました。これにより建設マスターの県選奨受賞者は7人となりました。
県内の隠れた功労者として、平成30年度も引き続き県選奨に過去の建設マスター顕彰者がノミネートがされています。
結果はまたお伝えしますが、本協会では引続き国、県と協力して建設マスター制度の普及啓発に取組みたいと思っています。

(参考)協会広報誌ピラー8号での巻頭特集

(参考)建設マスター専用サイト&顕彰者データベース

2018/10/4 木曜日

全建ジャーナル10月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 8:56:50
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2018
•巻頭言「危機対応型の道路整備に期待」
一般社団法人 三重県建設業協会 会長 山野  稔
•建 設業の社会貢献活動事例
•『菊で一杯運動』で建設業界への理解と親しみを!
長野県建設業協会南佐久支部 支部長 北原 裕一
•「 大・仙・郷からの魅力発信『毎日が誇りまみれ。』であるために
一般社団法人 秋田県仙北建設業協会
•「 豊平川におけるサケ産卵環境の改善」
道興建設 株式会社 工事課長 伊藤 善和
•10 月1 日〜 11 月30 日「建設共済保険」加入促進月間を実施中!!『働く人たちを守る保険』
公益財団法人 建設業福祉共済団
•平成31年度予算概算要求について
国土交通省 大臣官房 会計課
•平成30 年度 補正予算、来年度当初予算に関する要望
一般社団法人 全国建設業協会
•民法の請負契約の改正 〜主要な部分に限定して〜
全建顧問弁護士 二宮 照興
•図書紹介
『お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課』
•平成31 年度 税制改正に関する要望
一般社団法人 全国建設業協会
•都道府県建設業協会の活動 福島県建設業協会ビジョン2018
一般社団法人 福島県建設業協会
•平成30年度「 建設関係殉職者慰霊法要」を開催
一般社団法人 全国建設業協会
•エッセイ今夜も一杯「続・富士山」
水田  敏
•文明の構造(第34回)「平和から生まれた国土 ー250 年間の江戸時代ー」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎

2018/9/27 木曜日

「山口ゆめ花博」内で行われた「やまぐち産業維新展」に、本協会が出展しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 14:21:21

平成30年9月17日(月・祝)・18日(月)の2日間、山口きらら博記念公園多目的ドームにおいて、「やまぐち産業維新展」が開催され、本協会も出展しました。

このイベントは県内企業の製品・技術等の魅力や情報を幅広く発信し、理解を深めてもらうことを目的に開催されたもので、約170社が集合し展示や体験等でPRを行いました。

本協会出展の「建設業魅力発信ブース」では、コマツカスタマーサポート(株)山口支店の協力のもと、実際のバックホウに試乗しての記念撮影やパネル展示を行いました。

また、初日の17日は祝日ということもあり、子供向けイベント「けんせつきかいで遊ぼう!体験しよう!」をキャッチコピーとして、下関支部持参のミニ重機にまたがって、アーム操作でボール等をすくい上げるゲームと、岩国支部持参の重機ラジコンを使ったお菓子すくいゲームを実施しました。

今回の出展に当たっては、毎年、地域イベントやお祭り等に参加経験のある岩国・長門・下関支部の3支部から2名ずつの計6名と、協会本部職員5名山口県土木建築部監理課3名コマツカスタマーサポート(株)山口支店5名がスタッフとして参加、2日間で延べ23名体制で実施しました。

2日目の18日は平日でしたが、高校生1600人の招待日ということもあり、高校生・一般向けの展示に模様替えを行い、DVD上映を行いました。

会場の山口きらら博記念公園は「山口ゆめ花博」が開幕したばかりということもあり、たくさんの来場者で賑わい、本協会ブースもすぐに行列ができる盛況ぶり。ブースの来場者数は2日間で延べ1,100人になりました。

体験した子どもたちからは「ミニ重機を操作をするのが難しかった」、「本物も動かしてみたくなった」との声や、「大きな機械に乗れて嬉しかった。怖くなかった」といった感想が聞かれ、真剣な表情でラジコンを操作する姿や、本物の重機の上でみせる笑顔がとても印象的でした。
また、来場者には本協会作成の災害復旧やボランティアなどの社会貢献活動をPRしたチラシ山口県土木建築部作成のパンフレット、子供新聞コマツ重機のぬり絵等の配布も行い、一般の方に建設業を知っていただく良い機会となりました。
本協会では今後とも地域社会に貢献するとともに、イベント等を通じて、たくさんの方々に建設業の役割や魅力を発信していきます。

2018/9/25 火曜日

成功も失敗も「ものづくり」の大切な原点!「中学生ブリッジコンテスト」開催!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:43:49

平成30年8月24日・25日の2日間、下松市のゆめタウン下松(旧ザ・モール周南)「海の広場」において、「中学生ブリッジコンテスト」を開催しました。(主催:山口県立徳山商工高等学校(以下・徳山商工)、共催:(一社)山口県建設業協会、(一社)中国建設弘済会、後援:山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会、周南市教育委員会、下松市教育委員会)

このイベントは、中学生に「ものづくり」の楽しさを体験してもらい、建設業や土木・建築系専攻科のある実業高校に関心をもってもらうことなどを目的に毎年実施しているものです。
コンテストでは中学生がバルサ材と呼ばれる軽量の木材を使ってオリジナルの橋の模型をつくり、質量(軽さ)・デザイン・強度・プレゼンテーションの観点から順位を競います。
今回は公募により応募された県内8校から22人の中学生が参加。初日に橋の構造を学び、試作の模型を設計した後、徳山商工生のサポートを受けながらオリジナルの橋を製作し、2日目のコンテストに臨みました。

コンテストではまずプレゼンテーションが行われ、参加者一人ひとりが作品の特徴や名前の由来、工夫した点などをアピールしました。
アーチ橋、トラス橋など参加者がこだわりを持ってつくった橋は、まさに十人十色。皆さん自慢の橋を前に堂々とした発表を繰り広げる中、下松市立久保中学校3年の辻本翔夢くん(写真上右)はサポートしてくれた高校生との絆をモチーフにした橋をユーモアたっぷりにアピールし、会場全体が盛り上がりました。

続いて、電子天秤で橋を計測し軽さを競う質量コンテストが行われた後、クライマックスの強度コンテストへ。橋に1キロずつ5キロまで重りをかけて強さを競いました。

軽く柔らかいバルサ材に、5キロの加重は相当なもの。重りを足すごとにミシミシと音をたてる橋に、参加者はもちろん審査員や観客の皆さんも息を飲み、重さに耐えきれず橋が壊れると、「あ?!!」っと悲鳴があがりました。

当日は土曜日ということもあり、会場のゆめタウン下松には多くの買い物客が訪れており、盛り上がるコンテストの様子を楽しそうに見つめていました。

また、会場に掲示された山口県土木建築部作成のイメージアップパネルに足を止める姿も見られました。

審査の結果、見事優勝に輝いたのは下松市末武中学校1年の内山七美さん(写真上:左)。
作品の「5A橋」は、アルファベットの「A」が下部工に5つ並んだ姿が特徴で、上部下部の空間をうまく使い、力をうまく分散させた点において特に評価されました。内山さんは「とても軽い橋だったからすぐに壊れてしまうかと思ったけれど、強度があって良かった。カッターで部材を切るとき、角度を合わせるのが大変でした」と語ってくれました。
また、内山さんをサポートした徳山商工・環境システム科3年 山田峻平くん(写真上:右)は「人に言葉で教えることの難しさを痛感しました。内山さんは丁寧に隙間なく接着していたので強度が上がり、優勝の一因になったと思う」と話してくれました。

今年度の表彰者は、優勝、準優勝、三位、デザイン賞、特別賞のほか、ナイスプレゼン賞とカワイイで賞が追加され計7名となりました。

実行委員長の徳山商工・松井幸司先生(写真上)は、「今年は今までとは違ったデザインのものが多く製作され、中学生の新たな風を感じた回でした!その分、課題として強度や質量の問題が出てきましたが、そこをどうクリアしていくのか、リピーターの多いコンテストですから今後が楽しみです。ブリコンに参加してくれた中学生が徳山商工に入学し、サポートする側にまわるという有機的な流れが出来上がっていることを非常に嬉しく思っています」と、笑顔でおっしゃっていました。

また、大会会長を務められた徳山商工・岩本武久校長(写真上)にお話を伺うと「今回初めて大会を見せてもらい、参加した中学生もサポートする高校生も、こだわりや熱意をしっかり持って取り組んでいる様子に感動しました。ものづくりのイベントはたくさんありますが、このコンテストは作って終わりではない。強度コンテストで橋が壊れてしまうケースもあり、面白さと同時に丁寧につくることの大切さを学べる、ものづくりの現実に則した貴重な機会だと思います。橋が壊れてしまった中学生もぜひまたチャレンジしてほしいですね」と、子どもたちの成長に期待を膨らませておられました。

中学生の感性が光る「ブリッジコンテスト」。今回参加した生徒のアンケート結果はこちらでご覧ください。
中学生からは「進路選択の参考になった」「楽しかったので来年も参加したい」、中学生高校生双方からは「設計にもっと時間があれば」との声もあり、今後の課題そして励みにしたいと思います。
本協会では今後もこのイベントを通して、未来を担うものづくり人材の育成をバックアップしていきます。

(表彰者記念写真:左から)
ナイスプレゼン賞:田中柊吾くん(下松市立久保中学校3年)
カワイイで賞:迎佳菜さん(下松市立末武中学校2年)
デザイン賞:辻本翔夢くん(下松市立久保中学校3年)
審査員特別賞:柳宏斗くん(岩国市立麻里布中学校2年)
優勝:内山七美さん(下松市立末武中学校1年)
準優:原谷龍之介くん(光市立浅江中学校3年)
3位:山中彩愛さん(周南市立岐陽中学校1年)

2018/9/10 月曜日

全建ジャーナル9月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:26:03
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2018
•巻頭言「一人ひとりが大切にされる建設業を目指して」
一般社団法人 大分県建設業協会 会長 友岡 孝幸
•〈特別対談〉〜地域の「守り手」建設業を魅力ある産業に〜 安倍総理×近藤会長
•各都道府県建設業協会会員企業の不在状況からみた 災害対応空白地域について
一般社団法人 全国建設業協会
•「建設キャリアアップシステム」スケジュールを変更 年明けから「限定運用」、「本運用」は平成31年度から
一般財団法人 建設業振興基金
•各都道府県建設業協会における災害協定などの締結状況について
一般社団法人 全国建設業協会
•指定地方公共機関の指定及び地方防災会議委員就任状況
一般社団法人 全国建設業協会
•平成29年度 国土交通白書の概要(後)
国土交通省 総合政策局 政策課 政策調査室
•厚生労働省 建設事業者のための新たな支援事業を始動!
•中央建設工事紛争審査会紛争処理状況−平成30年度第1四半期−
国土交通省 土地・建設産業局 建設業課 紛争調整官室(中央建設工事紛争審査会事務局)
•建設産業戦略的広報推進協議会の活動のご紹介〈平成30年度 子ども霞が関見学デー〉
建設産業戦略的広報推進協議会 事務局/ 国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課/一般財団法人 建設業振興基金
•都道府県建設業協会の活動 〜一般社団法人 香川県建設業協会 創立70周年を迎えて〜
一般社団法人 香川県建設業協会
•建設業社会貢献活動推進月間中央行事 記念講演 『免疫と長生き― 不良長寿― 』
医学博士 奥村  康
•エッセイ今夜も一杯「富士山」
水田  敏
•文明の構造(第33回)「家康の隠居の謎( その2 ) ー海の攻撃都市、駿府ー」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•『世界周航 衝撃・波動それに決意』〜幕末の偉才、幕臣 小栗忠順〜(第21話)
作家 高崎 哲郎
次のページ »
Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.146 sec. Powered by WordPress ME