2017/9/25 月曜日

みなぎる創造力にものづくりの未来が輝く!「第6回 中学生ブリッジコンテスト」開催!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:23:35

中学生にものづくりの楽しさを体験してもらい、建設業や土木・建築系専攻科のある実業高校に興味を持ってもらうことを目的に実施している「中学生ブリッジコンテスト」8月25日、26日の2日間、下松市のザ・モール周南「海の広場」にて開催されました。(徳山商工高校主催、(一社)山口県建設業協会、(一社)中国建設弘済会共催、山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会、周南市教育委員会、下松市教育委員会後援)

このコンテストは、公募によりエントリーされた中学生が橋の模型を制作し、デザイン、質量(経済性)、強度、そしてプレゼンテーションの得点を総合的に競い合うものです。
今回は県内4中学校から25名が参加し、31名の徳山商工生徒が中学生をサポートしました。

会場は徳山商工生徒のデザインした看板等で飾り付けされ、山口県土木建築部作成のイメージアップパネル(写真上)も多数展示されました。

1日目は「ブリッジ製作」です。まずは橋の構造を学び、基本の橋の模型を作ります。
使用するのは、バルサ材と呼ばれる軽量の木材。参加した中学生一人ひとりに高校生の指導役(バディ)が付き、木材の切り方や接着方法のコツを丁寧に教えました。
基本の橋が完成したら、コンテスト用のオリジナル橋の製作です。参加者の皆さんはそれぞれ知恵を絞り、設計から製作まで限られた時間の中で精一杯の橋を作り上げました。

2日目は「コンテスト」です。広い吹き抜けの会場には4名の審査員と関係者のほか、休日ということもあり、買い物に訪れていたたくさんの人が足を止め、コンテストの様子を見守りました。

はじめに橋の特徴や工夫した点などを発表する「1分間のプレゼンテーション」が行われました。
参加者からは「とにかく丈夫にしたかったので、できるだけ隙間をなくして強度を増した」「重さを分散させるような構造にした」などの発言がありました。強度という観点ひとつにおいてもアプローチの仕方はさまざまでした。想いとこだわりが詰まったプレゼンテーションに、審査員の皆さんも聞き入っておられました。

その後、橋の重さを測定し、より軽い橋を決める「質量コンテスト」を実施した後、1キロずつ最大5キロまで載荷させていく「強度コンテスト」を実施。大きくたわみながらも重さに耐える橋や載荷した瞬間に橋脚がはじけ飛ぶ橋など、見応え満載のコンテストとなり、会場は歓声とどよめきに包まれました。

接戦の中、見事優勝に輝いたのは光市立浅江中学校3年の高重一輝(写真上:右)くんの「ザ・ラスト サンライズブリッジ」。構造の精度の高さが優勝の決め手となりました。受賞後、高重くんは「3年連続で出場して、やっと優勝できた!という気持ちです。ものづくりが大好きなので、これからも色々なものを作ってみたい」と嬉しそうに話してくれました。バディを努めた徳山商工の山本 新くん(写真上:左)は「自分としてはあまり分かりやすく教えられなかったにので、高重くんが優勝してくれて本当に嬉しいです。」と感想を語ってくれました。

今年は優勝、準優勝、三位、デザイン賞、審査員特別賞のほか、ナイスプレゼン賞カワイイで賞が追加され7名が受賞しました。(審査結果は一番下)

実行委員長の松井幸司先生(写真上:左)は「構造・質量・強度とも、年を追うごとに作品のレベルが上がっておりびっくりしています。参加する前に調べるなど意欲的に取り組んでくれている証拠ですね。その分サポートする高校生もしっかりと勉強しておかないと教えられないので、中学生と高校生がお互いに高め合っていければいいなと思います。ものづくりの原点である”手を動かしてつくる”ということを楽しんでもらいたいです」とおっしゃっていました。

大会会長を務められた徳山商工高校・辻岡博之校長(写真上:右)は「主体的な学び、アクティブ・ラーニングが注目されている昨今ですが、ブリッジコンテストは、参加する中学生にとってもサポートする高校生にとっても、思考力・判断力・表現力、また社会との関わりという点においてとても良いトレーニングになると思います。ものづくりに留まらず、この経験が一人ひとりの人生の糧となってくれたら嬉しいです」と、ハイレベルなコンテストに目を細めていらっしゃいました。

コンテスト後にはアンケートを実施しましたが、(結果はこちら)。「工作への関心や興味が湧いた」「ものづくりに対して楽しさを感じた」との感想が多く寄せられ、充実した2日間の様子が伺えました。参加された皆さんが、将来ものづくりの現場で活躍されることを期待しています。

優勝:高重一輝くん(光市立浅江中学校3年)
準優勝:山本 響くん(周南市立周陽中学校3年)
3位:藤井吉平くん(下松市立久保中学校3年)
デザイン賞 明石柊二くん(下松市立久保中学校3年)
審査員特別賞:太田木蘭くん(周南市立周陽中学校3年)
カワイイで賞:手嶋幸渡くん(下松市立久保中学校2年)
ナイスプレゼン賞:藤井力隆くん(下松市立久保中学校3年)

2017/9/19 火曜日

全建ジャーナル9月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:34:02

ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。

また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2017

•巻頭言『地方の建設業への期待と理解を』“肥前さが幕末維新博覧会”
一般社団法人 佐賀県建設業協会 会長 松尾 哲吾

•平成29年度 建設業社会貢献活動推進月間中央行事を開催
一般社団法人 全国建設業協会

•建設産業政策会議のとりまとめについて(前)
国土交通省 土地・建設産業局 建設業課

•平成28年度 国土交通白書の概要(前)
国土交通省 総合政策局 政策課 政策調査室

•各都道府県建設業協会における災害協定などの締結状況について
一般社団法人 全国建設業協会

•指定地方公共機関の指定及び地方防災会議委員就任状況
一般社団法人 全国建設業協会

•「九州北部豪雨」における災害対応
一般社団法人 全国建設業協会

•平成29年度 建設投資見通し
国土交通省 総合政策局 建設経済統計調査室

•建設工事紛争審査会の平成28年度紛争取扱・処理状況
国土交通省 土地・建設産業局 建設業課(中央建設工事紛争審査会事務局)

•都道府県建設業協会の活動 〜職業紹介マンガ冊子「我らイワケン株式会社」を発刊〜
一般社団法人 岩手県建設業協会

•文明の構造(第20回)「天下分け目の関ケ原の謎( その1 ) ―なぜ、逃げ場のない関ケ原でー」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎

•エッセイ今夜も一杯「おさん」
水田 敏

•『世界周航 衝撃・波動それに決意』〜幕末の偉才、幕臣 小 栗忠順〜(第8話)
作家 高崎 哲郎

•全建だより(平成29 年6 月)

•建設業のニューストピックス( 2017 年7 月)

2017/9/15 金曜日

平成29年8月の公共工事動向データ(要PW)

Filed under: 保証会社 — admin @ 10:34:34

下記の画像をクリックした際には、パスワードが求められますのでご注意下さい。パスワードは会員専用エリアと同じもので、会員企業には3ヵ月毎に文書で直接お知らせしていますので、電話、メールでの問合せには応じられません。 文書を失くされた方は所管支部にお問合わせ願います。

2017/9/11 月曜日

県内初!「けんせつ小町に会おう 工事現場見学会」を開催しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 14:55:27

平成29年8月23日、女性のみを対象にした現場見学会「けんせつ小町に会おう 工事現場見学会」を開催しました。(主催:山口県、共催:山口県建設業協会、協力:国土交通省山口河川国道事務所、後援:山口県教育委員会、山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会)

これは、建設業に興味のある女子学生や女性求職者等に、建設産業で働く女性の仕事ぶりや現場の魅力を伝え、建設産業に対する理解を深めてもらうために企画されたもので、山口県内では初の試みとなります。

当初募集定員を20名程度としていましたが、予想を大きく上回る応募があり、当日は徳山商工高等学校、徳山工業高等専門学校、岩国工業高等学校から延べ36人もの女生徒が集まりました。

当日は関係者等とともに2台のバスに乗り込み、一路、長門市の国道491号「長門俵山道路」の工事現場に向かいました。

現場には、県内初の女性限定現場見学会ということで、多くのテレビ局や新聞社の取材がありました。

初めに見学したのは、長門市俵山の大寧寺第1トンネル。建設中のトンネル内部に入り、使用されている機材や作業工程などを実際に見ながら、建設会社の担当者の方から説明を受けました。

参加者の皆さんは、薄暗いトンネルの中で少し緊張した面持ちでしたが、足下を確かめたり、大きな機材や天井を見上げたりしていました。 また担当者の方から女性が働きやすい職場づくりについての取組も紹介され、熱心にメモを取る生徒さんも見られました。

次に訪れたのが、同市深川湯本にある深川川橋新設現場。到着するなり目に飛び込んできた650トンを釣り上げる巨大クレーンに、思わず声が上がります。 建設中の橋の下にJR美祢線が通っているため、その運行の妨げにならないように、巨大クレーンを使って橋桁をかけるとの説明に感嘆し、質問をしたり写真撮影をする姿もありました。

見学を終えた参加者の皆さんにお話を伺うと「自分が通っているトンネルがこんな風につくられるのかと圧倒された」「建設業は大変だけどすごくやりがいがある仕事だと思った」などの声が聞かれ、スケールの大きな現場に目を輝かせている姿が印象的でした。

見学の後は湯本温泉のホテルにて、建設業で活躍されている女性技術者や技能者の方と参加者の皆さんで、意見交換会が行われました。

昼食をとりながら、わきあいあいとした雰囲気の中、働き方や進路について積極的な意見交換がされていました。

徳山工業高等専門学校・専攻科2年の小山さん(写真上左)「土木系の会社に内定していますが、体力面や結婚、出産など女性ならではの不安もありました。実際に働いている方に生の声を聞くことができて良かったです」と笑顔で話してくれました。

また本協会の女性入職促進委員である秋枝 照美さん(共栄産業(株))「話してみると皆さんそれぞれ夢を持っていて、今回の見学会も胸に響いたようでした。 建設業で働くかっこいい女性になってくれたら嬉しいですね」と、参加者の皆さんの将来に期待を寄せていました。

多くの参加者で賑わった今回の見学会。イキイキとした女性の姿は、建設業の新しい未来を感じさせてくれました。 当協会では今後も国や県と連携しながら、建設業への女性の入職促進に取り組んでいきます。

最後に、今回参加した生徒のアンケート結果はこちらでご覧ください

2017/9/5 火曜日

ダム、トンネル。圧巻の大規模工事に興奮!高校生現場見学会を開催!(山口農業高等学校/環境科学科)

Filed under: 建設業協会 — admin @ 11:28:07

(一社)山口県建設業協会では、土木・建築分野を学ぶ高校生に実際の建設現場や働く人々を見学してもらい、建設業に対する理解を深めてもらおうと、山口県土木建築部と共催で毎年建設現場見学会を実施しています。平成29年度は県内8校から延べ約350名の高校生の参加を予定しています。
今回は、山口農業高等学校・環境科学科の1年生40名(男子38名、女子2名)が参加した現場見学会の模様を紹介します。

夏休みも終盤に差し掛かった平成29年8月21日、山口市をバスで出発した生徒さん達は最初の見学地である岩国市の「錦川総合開発事業平瀬ダム建設工事現場」に到着しました。

平瀬ダムは、周南市・岩国市を流れる県下最大の二級河川「錦川」の治水、利水を目的に、平成26年3月より建設が開始されたダムです。平成27年2月よりダム本体の掘削に着手、骨材製造設備やコンクリート製造設備、ケーブルクレーンの諸設備を整備し、平成28年2月よりコンクリートの打設を開始。現在もその工程中で、ダム事業が完了するのは平成33年度の予定です。

生徒の皆さんは工事概要の説明を受けた後、いよいよ巨大なダム工事を見下ろす展望所へ。「すごい!」「大きい!」とどよめきが上り、身を乗り出すようにして、工事の状況に目を凝らしていました。

その後はダム底へ移動し、今度は現場を下から見上げ、規模の大きさを改めて実感しているようでした。

また、コンクリートの材料として使用する骨材に、台風の出水で錦川に堆積した砂利を利用しているなど、さまざまな環境への配慮について説明がされ、参加した生徒さんの中には大きく頷く姿も見られました。

道の駅での昼食を挟み、次に訪れたのは「県道岩国大竹線道路改良工事現場」。岩国大竹線は、岩国錦帯橋空港や岩国IC等へのアクセス改善、市街地の渋滞緩和や円滑な交通の確保などを目的に整備されている道路ですが、未改良区間の森ヶ原地区は、道路の幅が狭い箇所やJR岩徳線との交差により高さが制限された箇所があり、交通に支障をきたしています。それらを解消するために森ヶ原トンネルをはじめとするバイパス整備が行われており、今回は森ヶ原第1トンネルの工事現場を見学しました。

トンネル工事の作業手順を聞いた後、生徒の皆さんは実際にトンネル内部へ。説明を聞きながら熱心にメモを取ったり、真っ白な壁面の防水シートにそっと触れてみたりと、なかなか見る機会のないトンネル工事の現場に興味津々の様子でした。

参加した山口農業高等学校・環境科学科1年の有江 瑞希さん(写真上:左)は「建設業で働く人の努力があって、今の生活があるんだなと改めて思いました」と話してくれました。

また同校1年の吉武 智香さん(写真上:右)は「大きな現場を見て、未来に向けて役立つことをしたいと意欲が湧きました。森林保護が夢でしたが、建設業もいいなと思っています」と広がる夢を語ってくれました。

引率された同校の河村 功先生(写真上)は「建設中の構造物や道路を見ることに意義があるのはもちろんですが、生徒達には組織の中で働くことの大切さや、指示のもと自分の役割をもって動くことの必要性を現場見学で感じて欲しいです。これからの高校生活にも活かせる場面がたくさんあると思います」とおっしゃられていました。
今回の現場見学で建設業への関心がより深まり、生徒さん一人ひとりの将来の糧となることを期待しています。

Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.184 sec. Powered by WordPress ME