2020/10/26 月曜日

全建ジャーナル10月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:09:38
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php
•巻頭言『会長就任の抱負』
一般社団法人 宮崎県建設業協会 会長 藤元 建二
•1 カ月半に台風が3度千葉を襲来 協会員が昼夜を分かたず復旧へ奔走
一般社団法人 千葉県建設業協会
•「令和元年台風19号における千曲川への緊急出動」について
株式会社 川嶋建設
•『実体験型教育訓練施設 危険体感実技センター』について
菅野建設工業株式会社 代表取締役 菅野 泰助
•建設キャリアアップシステムの料金体系の改定及び追加出捐等に関する 全建の対応について
一般社団法人 全国建設業協会 労働部
•地方公共団体における最低制限価格制度・低入札価格調査制度の 令和2 年度の運用状況について
一般社団法人 全国建設業協会
•令和3 年度 税制改正に関する要望
一般社団法人 全国建設業協会
•《建設共済保険》『令和の時代も信頼と安心』〜掛金が魅力・労働者と企業の リスクをカバー・契約者に役立つ事業充実〜
公益財団法人 建設業福祉共済団
•監理技術者の専任の緩和について( 建設業法の改正)
国土交通省 不動産・建設経済局 建設業課
•「国防を支える人材から企業を支える人財へ」《退職航空自衛官のご紹介》
防衛省航空幕僚監部人事教育部援護業務課 2等空佐 鎌田  淳
•建退共電子申請方式のご案内
建設業退職金共済事業本部
•令和2年度 「 建設関係殉職者慰霊法要」を開催
一般社団法人 全国建設業協会
•エッセイ今夜も一杯「認知症予防」
水田  敏
•文明の構造(第58回) 「江戸・東京を支えた日本人(その1 ) ― 地方が造った都市・江戸― 」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•〉『<創造の夜明け>お雇い外国人 〜 日本近代化への貢献〜』(第6回) <日本を愛した多才な建築家、J. コンドル〜>
作家 高崎 哲郎

2020/10/21 水曜日

令和2年9月の公共工事動向データ(要PW)

Filed under: 保証会社 — admin @ 8:50:50

下記の画像をクリックした際には、パスワードが求められますのでご注意下さい。

パスワードは会員専用エリアと同じもので、会員企業には4ヵ月毎に文書で直接お知らせしていますので、電話、メールでの問合せには応じられません。

文書を失くされた方は所管支部にお問合わせ願います。

2020/10/15 木曜日

建災防の2020年11月の講習会のご案内

Filed under: 建災防 — admin @ 10:02:12

CPDS受講証明書が欲しい方は、申し込み時に申請して下さい。詳細については、建災防山口県支部にお問い合わせ下さい。

講習日程は下の画像をクリックすれば開きます。

2020/10/13 火曜日

初の試み!長門支部が献血活動に参加しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:14:24

令和2年10月7日、長門市役所において長門ライオンズクラブ主催、当協会長門支部共催で献血活動を行いました。

長門支部は例年秋に「ながとふるさとまつり」にブースを出展し、地域の方々に楽しんでいただくとともに建設業のPRを行っていましたが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響でお祭りが中止となったため、新たな取組としてこの活動を実施することとなりました。

会場となった長門市役所は、昨年9月に竣工されたばかりの木の温もりあふれる新庁舎。

入り口に設置された献血受付ブースの隣には建設業PRパネルを飾り、災害時の活動など地域における建設業の役割を訪れる人々にアピールしました。

支部有志の皆さんは朝9時半から逐次時間を決めて訪れ、受付・検温の後、駐車場に設置された献血車にて400ml献血を実施。

夕方16時までに17社から71名もの多くの会員が献血に協力していただきました。

長門支部の青年部代表の中嶋和彦さん(写真上右から3番目:(株)清和代表取締役社長)にお話を伺うと、「新型コロナウイルス感染拡大で血液の量が足りなくなっていると聞き、私たちも協力できればと長門ライオンズクラブさんの企画に参加しました。初めての試みでしたが、たくさんの会員が参加を申し出てくれ嬉しく思います。今後も献血に限らずさまざまな活動に参加し、地域貢献、社会貢献に繋げていきたいです」と話されていました。

また、安藤繁之支部長(写真上左から2番目:安藤建設(株)代表取締役社長)は「長門は地元の繋がりが強くお互いの声が届きやすいので、このような時世でも協力しながらできることを行っています。特に若い人たちが一丸となって、地域を盛り上げてくれている。今後も当たり前のこととして、積極的に地域のための活動をしていきたい」と話されていました。

さまざまなイベントが中止となった令和2年。地域と密着したさまざまな社会貢献活動が、地元の元気を後押しする一助となることを願っています。

2020/10/1 木曜日

10月は「建退共制度加入促進強化月間」です!

Filed under: 建退共 — admin @ 10:41:04

厚生労働省・国土交通省後援のもと「令和2年度建設業退職金共済制度加入促進強化月間」を10月1日から31日まで実施します。
本強化月間では、関係諸機関、協賛団体のご協力の下、多くの事業主に本制度への加入を働きかけるとともに、建設現場で働く皆様に共済手帳が確実に交付され、共済証紙が適切に貼付されるよう、制度への加入促進、履行確保活動を重点的に実施することにより、本制度のより一層の普及を図ることとしております。

(令和2年度建退共加入促進用ポスター)

(参考) 令和2年度 建設業退職金共済制度加入促進強化月間実施要綱

独立行政法人 勤労者退職金共済機構  建設業退職金共済事業本部

1 趣 旨

建設業退職金共済制度は、中小企業退職金共済法に基づき創設された建設業に係る退職金制度であり、建設現場で働く労働者の福祉の増進と建設業の振興に寄与することを目的とするものです。
本制度には現在約17万の建設事業主、約221万人の労働者が加入していますが、上記の目的の達成のためには、できるだけ多くの事業主に本制度への加入を働きかけていくことが必要です。
また、本制度の被共済者である労働者の方々に共済手帳が確実に交付され、共済証紙が適切に購入・貼付されるよう制度の履行確保を徹底することが不可欠です。
本強化月間は、関係諸機関、諸団体のご協力の下、下記の加入促進、履行確保活動を重点的に実施することにより、本制度のより一層の充実を図ることを趣旨とするものです。

2 実施期間

自 令和2年10月1日
至 令和2年10月31日

3 後 援

厚生労働省
国土交通省

Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.139 sec. Powered by WordPress ME