2020/10/13 火曜日

初の試み!長門支部が献血活動に参加しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:14:24

令和2年10月7日、長門市役所において長門ライオンズクラブ主催、当協会長門支部共催で献血活動を行いました。

長門支部は例年秋に「ながとふるさとまつり」にブースを出展し、地域の方々に楽しんでいただくとともに建設業のPRを行っていましたが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響でお祭りが中止となったため、新たな取組としてこの活動を実施することとなりました。

会場となった長門市役所は、昨年9月に竣工されたばかりの木の温もりあふれる新庁舎。

入り口に設置された献血受付ブースの隣には建設業PRパネルを飾り、災害時の活動など地域における建設業の役割を訪れる人々にアピールしました。

支部有志の皆さんは朝9時半から逐次時間を決めて訪れ、受付・検温の後、駐車場に設置された献血車にて400ml献血を実施。

夕方16時までに17社から71名もの多くの会員が献血に協力していただきました。

長門支部の青年部代表の中嶋和彦さん(写真上右から3番目:(株)清和代表取締役社長)にお話を伺うと、「新型コロナウイルス感染拡大で血液の量が足りなくなっていると聞き、私たちも協力できればと長門ライオンズクラブさんの企画に参加しました。初めての試みでしたが、たくさんの会員が参加を申し出てくれ嬉しく思います。今後も献血に限らずさまざまな活動に参加し、地域貢献、社会貢献に繋げていきたいです」と話されていました。

また、安藤繁之支部長(写真上左から2番目:安藤建設(株)代表取締役社長)は「長門は地元の繋がりが強くお互いの声が届きやすいので、このような時世でも協力しながらできることを行っています。特に若い人たちが一丸となって、地域を盛り上げてくれている。今後も当たり前のこととして、積極的に地域のための活動をしていきたい」と話されていました。

さまざまなイベントが中止となった令和2年。地域と密着したさまざまな社会貢献活動が、地元の元気を後押しする一助となることを願っています。

Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.125 sec. Powered by WordPress ME