2019/11/19 火曜日

令和元年10月の公共工事動向データ(要PW)

Filed under: 保証会社 — admin @ 9:00:31

下記の画像をクリックした際には、パスワードが求められますのでご注意下さい。パスワードは会員専用エリアと同じもので、会員企業には4ヵ月毎に文書で直接お知らせしていますので、電話、メールでの問合せには応じられません。 文書を失くされた方は所管支部にお問合わせ願います。

2019/11/13 水曜日

11/7〜11/9開催!「建設ICTビジネスメッセ」に本協会が出展しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:07:00

令和元年11月7日(木)〜9日(土)の3日間、山口市名田島の山口南総合センターにおいて「建設ICTビジネスメッセ」が開催され、本協会も出展しました。(主催:山口県 協賛:(一社)山口県建設業協会、(一社)山口県測量設計業協会)

「建設ICTビジネスメッセ」は、近年急速に広がっている建設現場でのデジタル化を受けて、県内の建設産業においても、建設現場の生産性を向上させるICTの導入を促進するため、最新技術や活用のノウハウを紹介するイベントとして、今回初めて開催されたものです。

初日である7日のオープニングセレモニーでは、メインホールに300人以上の方が集まり、その内、本協会においては井森会長を含む約180人の会員に参加して頂きました。


当日は3次元測量機器やVR、ソフトウェアなど、最先端の技術や製品を持つ38社が一同に集結。

会場アリーナ内でさまざまな展示・実演が行われたほか、グラウンドではICT建設機械・ドローン測量等の迫力あるデモンストレーションや試乗体験も行われました。

また、ホールではICTトップランナーの方々の講演やパネルディスカッションが開かれ、これまでにない貴重な機会に県内外から多くの来場者が訪れました。

本協会では9日にキッズコーナーを設置。重機ラジコンを使ったお菓子すくいゲームなどを実施しました。


ブースには家族連れが訪れ、子供だけでなく、大人もラジコンの操縦に挑戦。「なかなか難しい」「お父さん頑張れ!」「もうちょっと前!」と盛り上がる姿が見られました。

来場者には本協会作成の災害復旧やボランティアなどの社会貢献活動をPRしたチラシ等の配布も行い、建設業を知っていただく良い機会となりました。
本協会では今後とも地域社会に貢献するとともに、イベント等を通じて、たくさんの方々に建設業の役割や魅力を発信していきます。

2019/11/11 月曜日

全建ジャーナル11月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:28:34
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php

    •巻頭言『埼玉県建設業協会の会長就任にあたり』
    一般社団法人 埼玉県建設業協会 会長 伊田 登喜三郎
    •令和元年度 ブロック会議 ブロック別提案議題(1)
    一般社団法人 全国建設業協会
    •平成26年度改正品確法に基づく「発注関係事務の運用に関する指針(運用指針)」の運用状況等に関するアンケートの結果について
    一般社団法人 全国建設業協会 事業部
    •働き方改革の取り組み〜建設キャリアアップシステムの活用〜
    山梨県 県土整備部
    •「働き方改革の推進に向けた取組状況等に関するアンケート調査」結果概要
    一般社団法人 全国建設業協会 労働部
    •都道府県建設業協会の活動 〜一般社団法人 滋賀県建設業協会〜
    専務理事 盧 雄三
    •〈建退共〉外国人労働者向けパンフレットについて
    •会員企業NOW 株式会社 笠原建設( 一般社団法人 新潟県建設業協会 会員)“人を財産と考えて進む企業”
    •安全帯・移動式クレーンの過負荷防止装置の買換を行う中小企業等を支援しています! 〜「令和元年度既存不適合機械等更新支援補助金事業」〜
    建設業労働災害防止協会
    •〈公益財団法人 建設業福祉共済団〉―10月1日〜11月30日「建設共済保険」加入促進月間を実施中!!―『女性専用トイレを設置すると最大10万円の助成があります!』
    •中央建設工事紛争審査会紛争処理状況−令和元年度第2 四半期−
    国土交通省 土地・建設産業局 建設業課 紛争調整官室(中央建設工事紛争審査会事務局)
    •〈第5回〉リアルコスト管理で令和の現場を支える!〜実行予算管理を通じて現場技術者の成長と経営力向上を目指そう〜
    ミヤシステム 株式会社
    •令和元年度「全建 技術研究発表会」の開催について
    一般社団法人 全国建設業協会
    •〈連載〉『文は橘、武は桜、嘉納 治五郎 〜 その詩と真実〜』(第11話)
    作家 高崎 哲郎
    •文明の構造(第47回)「災害を克服し進化する都市◆
    特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎

2019/10/23 水曜日

優秀施工者(建設マスター)国土交通大臣顕彰式典が開催され、本協会推薦の3名が顕彰されました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:27:37

去る10月11日(木)、東京都のメルパルクホールにて開催されました「令和元年度 優秀施工者国土交通大臣顕彰式典」において、建設マスター456名建設ジュニアマスター105名の授与式が行われました。
優秀施工者国土交通大臣顕彰は、通称「建設マスター」と呼ばれています。
この制度は、建設現場での施工経験20年以上で、優秀な技術・技能を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献した技能者を「優秀施工者」として国土交通大臣が顕彰するもので、建設産業の第一線で「ものづくり」に直接従事する人達の誇りと意欲を増進させ、能力と資質の向上を促進するとともに、社会的地位・評価の向上を図り、建設業の健全な発展に資することを目的として平成4年に創設されました。
今年で28回目の顕彰となり、今年受賞された方を含め1万529名の建設マスターが誕生しています。

また「建設ジュニアマスター」は、現場経験10年以上、39歳以下の若手を対象にしており、優秀な技術・技能を持ち、今後更に活躍が期待される青年技能者を土地建設産業局長が顕彰するもので、建設現場の担い手を確保・育成することが大切であることから、平成27年度に創設されました。
今年で5回目の顕彰となり、今年受賞された方を含め530人の建設ジュニアマスターが誕生しています。

本協会では、山口県土木建築部とともに、この制度の普及啓発に協力するため、毎年秋に「山口県優良工事表彰」を受賞された会員企業を対象に候補者の推薦を行い、令和元年度については下記3名の方々が顕彰されました。
(写真下:左)  羽根 政幸 氏(熊野舗道工業蠖篩Α
(写真下:中央) 二家本 豊 氏(訝翆建工:勝井建設蠖篩Α
(写真下:右)  藤井 信行 氏(詁0譱函О羶更業蠖篩Α

式典では、佐々木 紀 国土交通大臣政務官より、「建設産業は住宅や社会資本の整備、災害対応等の重要な役割を担っており、人の技術・技能に支えられている産業であり、建設業がその役割を果たす為には、優秀な人材の確保・育成をしていくとともに、優れた技術・技能を次世代に継承していくことが重要である。
本日建設マスターを顕彰された方々は、それぞれが長年に亘り、ものづくりの現場の第一線において優秀な技術・技能を託され、後進の指導・育成にも積極的に取り組んでこられた、まさに「ものづくり・ひとづくりの名人」と称されるにふさわしい方々です。
また、建設ジュニアマスターは、建設現場において今後更なる活躍が期待されている方々です。皆様のこれまでのご尽力と受賞者を支えてこられたご家族の方へ敬意を表しますとともに、心からお祝い申し上げます。」
と挨拶されました。

建設マスターを顕彰された方々を、地区ブロックごとに紹介されました。

建設マスター顕彰者を代表し、新潟県の塚田氏が顕彰状授与山口県の栗栖氏が代表謝辞を述べられました。
栗栖氏は、「私達は日頃、建設現場の第一線で直接施工に従事して優れた仕事をすることを最大の誇りとし、日々進歩する技術・技能の取得と研鑽の為、一筋に精進してきた。これまでに経験した中には命に関わる困難な現場もあったが、それが今日の安全第一を貫く礎となっている。こうした経験を次世代に繋げていきたい。近年では自然災害が数多く発生し、その都度数多くの尊い命や財産が失われている現状を知る度に、災害からの復旧・復興はもとより、災害に強い国土を作ることが私達建設業に課せられた重要な役割だと思っている。今回の栄誉を深く胸に刻み、これに慢心することなく更に自己の技術・技能向上を目指し、次世代を担う後進の指導・育成に積極的に取り組み、建設業の発展に微力ながらも貢献していきたい。本日は誠にありがとうございます。」と、決意を表明されました。

塚田氏(写真上)


栗栖氏(写真上)

続いて39歳以下の建設ジュニアマスターも同様に、各地区ブロックごとに紹介され、顕彰状授与と代表謝辞を述べられました。
次に顕彰者の子供から寄せられた作文を司会者が紹介された後、建設産業人材確保・育成推進協議会主催による「私たちの主張〜未来を創造する建設業〜」の社会人・高校性作文コンクールの受賞者の発表が行われました。
国土交通大臣賞を受賞された3名の方で、社会人部門の「未来に繋ぐ」小野知恵さん(写真下:右)、「だから建設という仕事に惚れたんだ」紀伊 保さん(写真下:中央)、高校生部門の「本当の自分」野澤真衣さん(写真下:左)が朗読されました。

令和元年度、山口県建設業協会より推薦の3名の方々、誠におめでとうございます。

2019/10/21 月曜日

全建ジャーナル10月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:05:06
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php
  • 巻頭言『「地域の守り手」としての社会的評価を不動のものに』
    一般社団法人 栃木県建設業協会 会長 谷黒 克守
  • 外国人技能実習制度における受入れ基準の強化について
    国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課
  • 建設分野の特定技能外国人の受入れについて
    一般社団法人 建設技能人材機構 管理部長 江口 大暁
  • 全建統一様式の改定について
    一般社団法人 全国建設業協会
  • 「建設業に携わる女性たちの輝く姿を取り上げたフリーペーパー『けんせつ姫』の発行」について
    土佐工業株式会社 代表取締役兼けんせつ姫編集長 柴田 久恵
  • 岐阜県における豚コレラの防疫対応について
    一般社団法人 岐阜県建設業協会/一般社団法人 岐阜土木工業会
  • 「平成30年7月豪雨」における災害復旧活動報告
    岡山県建設業協会 吉備支部 支部長 田中 俊行
  • 建設業社会貢献活動推進月間中央行事 記念講演『時局講演』
    自由民主党 衆議院議員 野田  毅
  • 台風15号災害に対する広域支援体制で危機管理力を発揮
    一般社団法人 全国建設業協会
  • 第22回 国土技術開発賞〈募集中〉
  • 令和2年度予算概算要求について
    国土交通省 大臣官房 会計課
  • 地域建設業経営強化融資制度の活用実態について
    株式会社 建設経営サービス
  • 〈建設共済保険〉『備えることは、守ること。働く人の想いに応える、安心を。』〜安心・掛金が魅力。事業内容ますます充実〜
    公益財団法人 建設業福祉共済団
  • 全建会員企業における倒産状況等調査結果( 平成31年4月〜令和元年6月期)
    一般社団法人 全国建設業協会 事業部
  • 〈第4回〉リアルコスト管理で令和の現場を支える!
    ミヤシステム 株式会社

HTML convert time: 0.150 sec. Powered by WordPress ME