2019/7/12 金曜日

全建ジャーナル7月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 8:50:22
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2018
•巻頭言『学生と一緒に考える「誇り・魅力・やりがい」プロジェクト』
全国建設業協同組合連合会 会長 青柳  剛
•〈特別寄稿〉 佐藤のぶあき参議院議員(公共工事品質確保に関する議員連盟幹事長)
参議院議員 佐藤のぶあき
•官民連携型防災体制「静岡スタイル」〜 72 時間の戦いに向けて〜
一般社団法人 静岡県建設業協会(環境・災害対策委員会 副委員長 出雲 大俊)
•各都道府県建設業協会における災害協定などの締結状況について
一般社団法人 全国建設業協会
•指定地方公共機関の指定及び地方防災会議委員就任状況
一般社団法人 全国建設業協会
•国土交通省の出来高融資制度のご案内〜下請セーフティネット債務保証/地域建設業経営強化融資制度〜
一般財団法人 建設業振興基金 金融・経理支援センター金融支援課
•令和2 年度 税制改正に関する要望
一般社団法人 全国建設業協会
•建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律について
国土交通省 住宅局 住宅生産課
•厚生労働省委託事業 平成31 年度 雇用管理研修が幕開け!!
•県内建設業の働き方改革推進へ 毎月第2 土曜日を「県内公共工事一斉休工日」に設定
一般社団法人 茨城県建設業協会
•日本電子認証蠅らのお知らせ 〜平成30 年度事業概況について〜
•現場の安全を支える“伝わる”コミュニケーション
行動心理士 田中 アイ
•〈第2回〉 リアルコスト管理で令和の現場を支える! 〜実行予算管理を通じて現場技術者の成長と経営力向上を目指そう〜
ミヤシステム 株式会社
•文明の構造(第43回)「堤防( その2 )― ゾーンで守る―」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•エッセイ今夜も一杯「肉が好きだ」
水田  敏

2019/7/1 月曜日

玖珂支部が「河川環境美化活動」として、ボランティア清掃を行いました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:03:08

岩国市周東町を源として、玖珂盆地、周南市熊毛地区、光市を流れる島田川。周辺の河川公園は桜の名所としても知られ、河口付近は様々な野鳥が飛来するなど広く市民に親しまれている河川ですが、平成30年7月豪雨の際には記録的な雨量により、堤防決壊や護岸崩落が発生。周辺地域に甚大な浸水被害をもたらしました

令和元年6月21日、山口県建設業協会玖珂支部は、山口県岩国土木建築事務所、岩国市農林建設課と協力して、島田川周辺の「河川環境美化活動」を行いました。
この活動は、島田川の河川環境の美化と、梅雨や台風など出水期の河川の氾濫から地域住民を守ることを目的に30年以上前から行っているもので、令和元年度は玖珂支部から10社36名、岩国土木建築事務所から18名、岩国市農林建設課から6名、総勢60名が参加しました。

当日は朝8時半に岩国土木建築事務所玖珂分室前に集合し、出発式が行われました。

はじめに、玖珂支部の西山泰弘支部長(西山建設(株)代表)(写真上:中央)から挨拶があり、「会員の皆様には、昨年7月の豪雨災害での応急復旧活動にご協力頂き感謝します。今回の活動も会員皆様と、岩国土木建築事務所の所長並びに職員の皆様、岩国市玖珂支所、周東支所の農林建設課の皆様にご協力して頂き実施することができました。水分補給をしっかりとしていただき、怪我のないように作業してください」と話されました。
続いて、岩国土木建築事務所の村岡和彦所長(写真上:右)から「昨年の豪雨災害では緊急対応大変ご苦労様でした。皆様のご協力のおかげで復旧工事も順調に進んでいます。今年も梅雨、台風シーズンとなり、まだまだ油断できませんので、一層気を引き締めて業務にあたっていただければと思います。島田川がふるさとの川として親しまれ、後世に残るような素晴らしい川になるよう、共に励みましょう」と挨拶がありました。
その後、林 忠克副支部長(周東建設(株)代表)(写真上:左)より、作業の内容や分担、諸注意、刈草・ゴミの処理について説明があり、岩国市玖珂町から周東町にかけて島田川周辺約10kmの範囲を、エリアに分かれて作業にあたりました。

協会のメンバーは、草刈り機、ガンゼキ、クマデ等の分担に分かれ、川土手に生い茂った雑草を刈り取り、次々にトラックに積み込んでいきました。

草が刈り取られ見晴らしがよくなると、足元に空き缶やペットボトルなどが目立ち、ゴミの収集も併せて行いながら、5時間に渡って清掃活動を実施。2tトラック10往復分、およそ5tの刈草とその他のごみを回収しました。

西山支部長(写真上:左)と林副支部長(写真上:右)のお二人にお話を伺うと、「この清掃活動のほかにも、河川のパトロールを年3回定期的に行っています。昨年の豪雨災害を受け護岸の弱くなっている地域があるため、今年はその箇所を特に念入りにチェックしていきます」とのこと。
平成30年7月豪雨の際は、7月5日から8日にかけて断続的に激しい雨が降り、玖珂では490mmを観測。河川の氾濫や土砂災害等が発生し、玖珂支部では昼夜を問わず応急・復旧活動に尽力しました。
「会員企業の中にも被災した社員がいましたが、地元の企業なので、地域のために積極的に出動してくれました。今後もパトロールなどの活動を通じて地域の安全を見守り、有事の際には協会員同士の連携とフットワークを活かして、迅速に対応していきたい」と西山支部長。地域の人々の暮らしを支える誇りと責任が感じられる力強い言葉でした。

清掃やパトロールなど地域に根ざした活動一つひとつが、地域住民の安全・安心の確保につながっています。
作業に参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。

2019/6/18 火曜日

〜くんれんは いのちを守る おべんきょう〜2019年山口県総合防災訓練に岩国支部が参加しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 13:48:13

令和元年6月9日(日)、岩国市愛宕町の「いわくに消防防災センター」を主会場に「2019年山口県総合防災訓練」が実施され、山口県建設業協会岩国支部が参加しました。

山口県総合防災訓練は、県・市町の防災関係機関と地域住民が相互に連携して、さまざまな防災訓練を総合的に行うものです。今年も梅雨や台風の本格的な出水期を前に、消防、警察、自衛隊、医療機関、地域住民、本協会を含む災害時応援協定を締結している民間団体等、74機関約900人が参加して行われました。

今回の訓練は「断続的に雨が降り続く中、大規模な土砂災害や河川の決壊が発生」、「大竹断層を震源としたマグニチュード7.2の大地震が発生し、道路等のライフラインが寸断され建物倒壊等が発生」との想定。

主会場では多重衝突事故からの救助・救出訓練や土砂災害からの救出訓練等が行われたほか、はしご車の搭乗体験や照明車の操縦体験、降雨体験など多数の展示・体験コーナーが設置され、訪れた方々は体験を通じて災害に対する知識を深めていました。

岩国支部からは(株)ボスコの樋之津浩二さん(写真上:左)と春田勝將さん(写真上:右)の2人が参加。土砂に埋没した家屋に倒れかかった電柱を撤去する作業で、中国電力による送電の停止作業のあと、電柱をロープで重機のアームに固定し、慎重かつ速やかに撤去を行いました。

ロープの取り付け、誘導を担当された樋之津さんは「他の団体と協力して訓練を行う機会はなかなかないので、今回はとても有意義な経験になりました。災害はいつ起こるか分からないからこそ、行政や地域との連携や手順を常日頃から確認し、自分たちのやるべきことをしっかりと認識しておくことが大切だと思う」と話されました。

また、重機を操縦された春田さんは「万が一に備えて、地域の危険箇所や交通事情は把握しておくよう心がけています。また災害時には二次災害を防ぐためにも、周囲に細心の注意を払いながら作業します」と話されました。

主会場となった「いわくに消防防災センター」は、平成28年に完成した新しい施設で、消防庁舎と訓練施設を兼ね備えているほか、庁舎1階には防災シアター、煙避難体験、消火体験、地震体験など、さまざまな体験学習をすることができる「岩国市防災学習館」を併設しています。

訓練当日は庁舎2階にも「展示・体験コーナー」が設けられ、本協会もパネル展示を行い災害で活躍する建設業界をPRしました。

本協会では災害時、地域の応急・復旧活動に迅速かつ的確な対応ができるよう、山口県と「大規模災害時における応急対策業務に関する協定書」(平成10年)、「家畜伝染病発生時における防疫業務に関する協定書」(平成29年)を締結。平成28年には本協会会長が「県防災会議委員」に任命され、平成29年、災害予防・応急・復旧で重要な役割を果たす機関として災害対策基本法に基づく「指定地方公共機関」に指定されています。平成30年7月に起こった「平成30年西日本豪雨」でも要請を受け、本協会の会員企業が多数応急・復旧活動に出動しています。

(参考)
ピラー20号巻頭特集「平成30年7月豪雨災害」災害復旧活動

2019/6/14 金曜日

令和元年5月の公共工事動向データ(要PW)

Filed under: 保証会社 — admin @ 8:58:46

下記の画像をクリックした際には、パスワードが求められますのでご注意下さい。パスワードは会員専用エリアと同じもので、会員企業には4ヵ月毎に文書で直接お知らせしていますので、電話、メールでの問合せには応じられません。 文書を失くされた方は所管支部にお問合わせ願います。

2019/6/12 水曜日

全建ジャーナル6月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:20:00
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2018
•巻頭言『令和元年度 定時総会の開催にあたって』
一般社団法人 全国建設業協会 会長 近藤 晴貞
•〈特別対談〉 〜地域建設業は安心・安全で豊かな国土づくりの担い手〜
安倍総理× 近藤会長
•令和元年度 定時総会を開催
一般社団法人 全国建設業協会
•平成30 年度 事業報告
一般社団法人 全国建設業協会
•学生を対象とした 一緒に考えよう「KOJICHU プロジェクト」 仮囲いデザインアイデアコンテスト優秀作品の除幕式
全国建設業協同組合連合会
•群馬県建設業協会創立70周年、群馬建設会館落成
一般社団法人 群馬県建設業協会
•第69 回“社会を明るくする運動”〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ〜
福岡保護観察所長 伊達 泰裕
•「令和元年度 全国安全週間」準備期間がはじまりました!
•平成30 年の建設業における労働災害発生状況について
厚生労働省 安全衛生部 安全課 建設安全対策室
•全建会員企業における倒産状況等調査結果(平成31 年1 月〜 3 月期)
一般社団法人 全国建設業協会 事業部
•第68 回 利根川水系連合・総合水防演習〈全建ブース出展〉
一般社団法人 全国建設業協会
•都道府県建設業協会の活動 人材確保の取り組み 〜建設業広報ポスターの制作〜
一般社団法人 大阪建設業協会
•〈新連載〉 リアルコスト管理で令和の現場を支える! 〜実行予算管理を通じて現場技術者の成長と経営力向上を目指そう〜
ミヤシステム 株式会社
•エッセイ今夜も一杯「カツオ医者」
水田  敏
•文明の構造(第42回)「堤防( その1 )― なぜ「決壊」と書くのか―」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
« 前のページ次のページ »
Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.149 sec. Powered by WordPress ME