2018/9/25 火曜日

成功も失敗も「ものづくり」の大切な原点!「中学生ブリッジコンテスト」開催!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 15:43:49

平成30年8月24日・25日の2日間、下松市のゆめタウン下松(旧ザ・モール周南)「海の広場」において、「中学生ブリッジコンテスト」を開催しました。(主催:山口県立徳山商工高等学校(以下・徳山商工)、共催:(一社)山口県建設業協会、(一社)中国建設弘済会、後援:山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会、周南市教育委員会、下松市教育委員会)

このイベントは、中学生に「ものづくり」の楽しさを体験してもらい、建設業や土木・建築系専攻科のある実業高校に関心をもってもらうことなどを目的に毎年実施しているものです。
コンテストでは中学生がバルサ材と呼ばれる軽量の木材を使ってオリジナルの橋の模型をつくり、質量(軽さ)・デザイン・強度・プレゼンテーションの観点から順位を競います。
今回は公募により応募された県内8校から22人の中学生が参加。初日に橋の構造を学び、試作の模型を設計した後、徳山商工生33人のサポートを受けながらオリジナルの橋を製作し、2日目のコンテストに臨みました。

コンテストではまずプレゼンテーションが行われ、参加者一人ひとりが作品の特徴や名前の由来、工夫した点などをアピールしました。
アーチ橋、トラス橋など参加者がこだわりを持ってつくった橋は、まさに十人十色。皆さん自慢の橋を前に堂々とした発表を繰り広げる中、下松市立久保中学校3年の辻本翔夢くん(写真上右)はサポートしてくれた高校生との絆をモチーフにした橋をユーモアたっぷりにアピールし、会場全体が盛り上がりました。

続いて、電子天秤で橋を計測し軽さを競う質量コンテストが行われた後、クライマックスの強度コンテストへ。橋に1キロずつ5キロまで重りをかけて強さを競いました。

軽く柔らかいバルサ材に、5キロの加重は相当なもの。重りを足すごとにミシミシと音をたてる橋に、参加者はもちろん審査員や観客の皆さんも息を飲み、重さに耐えきれず橋が壊れると、「あ?!!」っと悲鳴があがりました。

当日は土曜日ということもあり、会場のゆめタウン下松には多くの買い物客が訪れており、盛り上がるコンテストの様子を楽しそうに見つめていました。

また、会場に掲示された山口県土木建築部作成のイメージアップパネルに足を止める姿も見られました。

審査の結果、見事優勝に輝いたのは下松市末武中学校1年の内山七美さん(写真上:左)。
作品の「5A橋」は、アルファベットの「A」が下部工に5つ並んだ姿が特徴で、上部下部の空間をうまく使い、力をうまく分散させた点において特に評価されました。内山さんは「とても軽い橋だったからすぐに壊れてしまうかと思ったけれど、強度があって良かった。カッターで部材を切るとき、角度を合わせるのが大変でした」と語ってくれました。
また、内山さんをサポートした徳山商工・環境システム科3年 山田峻平くん(写真上:右)は「人に言葉で教えることの難しさを痛感しました。内山さんは丁寧に隙間なく接着していたので強度が上がり、優勝の一因になったと思う」と話してくれました。

今年度の表彰者は、優勝、準優勝、三位、デザイン賞、特別賞のほか、ナイスプレゼン賞とカワイイで賞が追加され計7名となりました。

実行委員長の徳山商工・松井幸司先生(写真上)は、「今年は今までとは違ったデザインのものが多く製作され、中学生の新たな風を感じた回でした!その分、課題として強度や質量の問題が出てきましたが、そこをどうクリアしていくのか、リピーターの多いコンテストですから今後が楽しみです。ブリコンに参加してくれた中学生が徳山商工に入学し、サポートする側にまわるという有機的な流れが出来上がっていることを非常に嬉しく思っています」と、笑顔でおっしゃっていました。

また、大会会長を務められた徳山商工・岩本武久校長(写真上)にお話を伺うと「今回初めて大会を見せてもらい、参加した中学生もサポートする高校生も、こだわりや熱意をしっかり持って取り組んでいる様子に感動しました。ものづくりのイベントはたくさんありますが、このコンテストは作って終わりではない。強度コンテストで橋が壊れてしまうケースもあり、面白さと同時に丁寧につくることの大切さを学べる、ものづくりの現実に則した貴重な機会だと思います。橋が壊れてしまった中学生もぜひまたチャレンジしてほしいですね」と、子どもたちの成長に期待を膨らませておられました。

中学生の感性が光る「ブリッジコンテスト」。今回参加した生徒のアンケート結果はこちらでご覧ください。
中学生からは「進路選択の参考になった」「楽しかったので来年も参加したい」、中学生高校生双方からは「設計にもっと時間があれば」との声もあり、今後の課題そして励みにしたいと思います。
本協会では今後もこのイベントを通して、未来を担うものづくり人材の育成をバックアップしていきます。

(表彰者記念写真:左から)
ナイスプレゼン賞:田中柊吾くん(下松市立久保中学校3年)
カワイイで賞:迎佳菜さん(下松市立末武中学校2年)
デザイン賞:辻本翔夢くん(下松市立久保中学校3年)
審査員特別賞:柳宏斗くん(岩国市立麻里布中学校2年)
優勝:内山七美さん(下松市立末武中学校1年)
準優:原谷龍之介くん(光市立浅江中学校3年)
3位:山中彩愛さん(周南市立岐陽中学校1年)

2018/9/10 月曜日

全建ジャーナル9月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:26:03
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2018
•巻頭言「一人ひとりが大切にされる建設業を目指して」
一般社団法人 大分県建設業協会 会長 友岡 孝幸
•〈特別対談〉〜地域の「守り手」建設業を魅力ある産業に〜 安倍総理×近藤会長
•各都道府県建設業協会会員企業の不在状況からみた 災害対応空白地域について
一般社団法人 全国建設業協会
•「建設キャリアアップシステム」スケジュールを変更 年明けから「限定運用」、「本運用」は平成31年度から
一般財団法人 建設業振興基金
•各都道府県建設業協会における災害協定などの締結状況について
一般社団法人 全国建設業協会
•指定地方公共機関の指定及び地方防災会議委員就任状況
一般社団法人 全国建設業協会
•平成29年度 国土交通白書の概要(後)
国土交通省 総合政策局 政策課 政策調査室
•厚生労働省 建設事業者のための新たな支援事業を始動!
•中央建設工事紛争審査会紛争処理状況−平成30年度第1四半期−
国土交通省 土地・建設産業局 建設業課 紛争調整官室(中央建設工事紛争審査会事務局)
•建設産業戦略的広報推進協議会の活動のご紹介〈平成30年度 子ども霞が関見学デー〉
建設産業戦略的広報推進協議会 事務局/ 国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課/一般財団法人 建設業振興基金
•都道府県建設業協会の活動 〜一般社団法人 香川県建設業協会 創立70周年を迎えて〜
一般社団法人 香川県建設業協会
•建設業社会貢献活動推進月間中央行事 記念講演 『免疫と長生き― 不良長寿― 』
医学博士 奥村  康
•エッセイ今夜も一杯「富士山」
水田  敏
•文明の構造(第33回)「家康の隠居の謎( その2 ) ー海の攻撃都市、駿府ー」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•『世界周航 衝撃・波動それに決意』〜幕末の偉才、幕臣 小栗忠順〜(第21話)
作家 高崎 哲郎

2018/8/28 火曜日

8月22日「けんせつ小町に会おう!」を開催しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 12:28:06

平成30年8月22日、建設業で活躍する女性を対象にした交流会「けんせつ小町に会おう!」を道の駅ソレーネ周南にて開催しました。
主催:山口県、共催:山口県建設業協会、協力:国土交通省山口河川国道事務所、後援:山口県教育委員会、山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会)

このイベントは、建設業で働く女性技術者・技能者等である「けんせつ小町」との交流を通して、女性の活躍できる建設業への理解を深めてもらうことを目的に行っています。

昨年に引き続き2度目の開催となった今回は、徳山商工高等学校(以下、徳山商工)、徳山工業高等専門学校(以下、徳山高専)から延べ34人の女生徒と、けんせつ小町12人の合計46人が参加しました。

当初、防府市の一般国道2号富海拡幅工事の現場を見学する予定でしたが、台風の接近に伴い、道の駅ソレーネ周南・研修交流室での講習・座談会のみの行程となりました。

はじめに、中国地方整備局初の女性技官である山口河川国道事務所工務課専門官 山村尚美さんから「一般国道2号富海拡幅工事」の説明がありました。

拡幅工事により、交通混雑の緩和を図るとともに、交通事故の削減、地域経済の活性化等が期待されることなど資料を用いて詳しく話されたほか、中国地方整備局の女性職員による女性の入職促進や就労継続など様々な取組も紹介され、生徒の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

次に、建設VR(仮想現実)体験が行われました。

現在、建設業界では、生産性を向上させ、魅力ある建設現場を目指す取組としてICTの全面的な活用を促進しており、人工衛星の電波により高精度の測定を行うなど新しい技術が取り入れられています。

その中でも、3D映像を現実のように体験することができるVR(仮想現実)は、遠隔地からの現場の確認や、CADデータの設計の検証など、さまざまな場面での活用方法が生まれています。

体験した徳山商工3年 湯野千聖さん(写真下)は「目の前に3Dが広がっていてびっくり。ポイントするだけで距離が測れて不思議でした」と興奮した様子で感想を語りました。

また徳山高専2年 淺田穂乃果さん(写真下)は「自分が動けば景色も動いて、まるで本当に自分が現場にいる感覚でした。実際に建設業の仕事に就いたら、ぜひ使ってみたいです」と話していました。

講習会の後は、けんせつ小町の方とのランチ座談会。

昼食をとりながら、自由に意見交換が行われました。女性同士、和やかな雰囲気の中、仕事の内容から家庭との両立、プライベートまでさまざまな質問が飛んでいました。

生徒に話を聞くと「将来は自分の家を設計するのが夢ですが、やりたい仕事をするためにどんな会社に入ればいいのかなど、とても参考になりました。資格もたくさん取りたいです」(徳山商工3年 岡部紫保さん:写真上)

「お仕事の内容や規模など具体的なお話が聞けて勉強になりました。現場もぜひ見てみたかったです」(徳山高専2年 松村美佑さん:写真上左)といった感想が聞かれ、非常に有意義な座談会となったようでした。

工事の説明を行った山村さん(写真上)は「建設業とひとことにいっても、建築なのか土木なのか、ゼネコンなのか発注者なのか。道は色々あるので、やりたい道を見つけられる一助となれればと思い、座談会ではお話させてもらいました。建設業で働く女性が増えれば、その分意見が通りやすくなり、より女性が働きやすい職場になります。ぜひけんせつ小町を目指してほしいですね」とおっしゃっていました。

また、山口県宇部港湾管理事務所 主任技師の南 円さん(写真上)は「自分たちの頃は女性で建設業に進む人は少なかったので、こんなに興味を持ってくれている女の子がいてびっくりしました。皆さんハツラツとしていて、建設業の仕事に就いてもきっと活躍してくれると思います」と笑顔でエールを送っていました。

けんせつ小町と参加者の充実した交流が図れた今回のイベント。実際に働かれている女性の生の声は、何よりも参加者の皆さんの心に残ったのではないでしょうか。

本協会では今後も国や県と連携しながら、建設業への女性の入職促進に取り組んでいきます。

最後に、今回参加した生徒のアンケート結果はこちらでご覧ください

2018/8/7 火曜日

全建ジャーナル8月号について

Filed under: 建設業協会 — admin @ 8:44:46
ご覧になりたい方は支部に配布しておりますので、そちらで閲覧して頂きますようお願いします。
また、毎月の定期購読を希望される方は下記アドレスからお申込み下さい。
http://www.zenken-net.or.jp/journal/index.php?year=2018
•巻頭言「福岡の発展と共に」
一般社団法人 福岡県建設業協会 会長 松本 優三
•働き方改革の実現に向けた取組
国土交通省 土地・建設産業局 建設業課
•平成30年度 建設業社会貢献活動推進月間中央行事を開催
一般社団法人 全国建設業協会
•平成30年度 建設投資見通し
国土交通省 総合政策局 建設経済統計調査室
•平成29年度 国土交通白書の概要(前)
国土交通省 総合政策局 政策課 政策調査室
•都道府県建設業協会の活動 〜一般社団法人 京都府建設業協会 創立70周年〜
一般社団法人 京都府建設業協会 専務理事兼事務局長 平岡 幹弘
•エッセイ今夜も一杯「花火」
水田  敏
•文明の構造(第32回)「家康の隠居の謎(その1 ) ー陸の防御都市、駿府ー」
特定非営利活動法人 日本水フォーラム 代表理事・事務局長 竹村 公太郎
•『世界周航 衝撃・波動それに決意』〜幕末の偉才、幕臣 小栗忠順〜(第20話)
作家 高崎 哲郎
•建設工事紛争審査会の平成29年度紛争取扱・処理状況
国土交通省 土地・建設産業局 建設業課(中央建設工事紛争審査会事務局)
•全建だより(平成30年6 月)
•建設業のニューストピックス( 2018年7 月)

2018/7/27 金曜日

建設業社会貢献活動推進月間中央行事で萩支部が受賞しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 10:24:06

(社会貢献活動功労者で萩支部の杉山支部長代理として、光藤事務局長が受賞式に出席)

(一社)全国建設業協会(全建)では、地域の建設企業が行っている社会貢献活動を国民に正しく理解・認識してもらうために、平成18年より毎年7月を「建設業社会貢献活動推進月間」と定めております。

7月の月間中には各県建設業協会は会員企業と連携して、地域建設業界の実践している幅広い社会貢献活動を広くアピールするとともに、公共事業への理解を深める活動を展開しています。その一環として、全建主催による、第13回「建設業社会貢献活動推進月間中央行事」が去る7月20日に東京都の経団連会館において開催されました。

冒頭、近藤全建会長(写真上)からは、「今般の西日本地域を中心とする平成30年7月豪雨災害、先月の大阪北部地震により亡くなられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災された全ての方々にお見舞い申し上げる。今回の平成最大の豪雨災害では、13府県で死者175人、行方不明者64人、全国で483件の土砂災害が起きたと報道されている。それぞれの被災地において、各県建設業協会の皆様が連日の猛暑の中、応急復旧作業に当たられていることに深く敬意を表するとともに、安心第一で作業に当たって頂きたい。
地域建設業には社会基盤の整備と維持管理のほか、災害などの緊急時に行政機関と共に応急復旧を行うなど、地域の安全・安心を確保するという役割が期待されている。これまでも災害対応を含め、様々な形で社会貢献をしてきたが、こうした活動を国民・社会の皆さんにきちんと理解して頂きたい。」と挨拶されました。

会長挨拶の後、受賞式が行われました。災害復旧支援活動や環境美化活動など6つの部門毎に表彰が行われ、 全国で22の協会、34社の会員企業が受賞しました。

本協会については、萩支部が平成6年より毎年7月に萩市内の河川や海岸清掃を実施してきた実績が認められ、「環境美化活動」部門での受賞となりました。受賞式の後、恒例の活動事例について、今回は下記の3事例が発表されました。

…耕邯建設業協会南佐久支部「菊で一杯運動」

(一社)秋田県仙北建設業協会「大・仙・郷からの魅力発信〜毎日が誇りまみれであるために」

F散酬設(北海道)「豊平川でサケ産卵の環境改善」

             (事例発表の模様)

« 前のページ次のページ »
Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.144 sec. Powered by WordPress ME