2017/10/25 水曜日

「第61回岩国祭」に岩国支部が参加しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 9:24:42

平成29年10月15日(日)JR岩国駅周辺を中心に行われた「第61回岩国祭」に岩国支部の青年部から12名が参加し、建設業をPRしました。

当日はあいにくの雨模様となりましたが、岩国建設会館前に設置した「けんせつきかい体験コーナー」には、開始時間の10時から多くの家族連れが訪れ、ラジコンのパワーショベルを使ったお菓子のすくい取りゲームや、建設機械のプラモデルなどが当たるくじ引き、また太陽建機レンタル蠅龍力のもと行われた実際のパワーショベルや高所作業車体験を楽しんでいました。

岩国支部、青年部部長の藤川偉大さん(蠧川興業所 専務取締役:写真下左)にお話を伺うと、「岩国祭りには8回目の参加となりますが、今回は太陽建機レンタル蠅亮勸さんにも協力してもらい、初めて高所作業車体験も実現しました。建設業の魅力を少しでも多く感じてもらえたら嬉しいです」とおっしゃっていました。

イベント会場では建設業への理解を深めてもらうため、「全国建設業協会作成の建設業界パンフレットや社会貢献活動のPRチラシ」の配布(写真下)も行われました。岩国支部では災害時の復旧活動はもちろん、春の一斉清掃に参加するなど地域貢献活動を行っています。またインターンシップの受け入れも積極的に行っており、担い手の確保にも励んでいます。
「建設業の魅力はなんといっても、地図にないものが出来上がることです。ただのイメージだったものが目の前で実際に造り上げられていく。建設業でしか味わえない感動があります」と藤川さん。また同じくイベントの運営を行っていた藤田和正さん(藤田工業蠡緝充萃役:写真上右)にもその魅力を伺うと「自分が携わった建造物がおそらくは死ぬまで残る。責任とやりがいのある仕事です。今後は地元の実業高校などに声かけをし、このイベントを一緒に盛り上げるとともに、建設業の魅力を伝えていけたら。」とおっしゃっていました。

さまざまな活動の中で、地域を守り、盛り上げ、建設業を振興していく。雇用の側面からも、この活動が地域と建設業の活性化の一端になることを願っています。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.118 sec. Powered by WordPress ME