2018/9/27 木曜日

「山口ゆめ花博」内で行われた「やまぐち産業維新展」に、本協会が出展しました!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 14:21:21

平成30年9月17日(月・祝)・18日(月)の2日間、山口きらら博記念公園多目的ドームにおいて、「やまぐち産業維新展」が開催され、本協会も出展しました。

このイベントは県内企業の製品・技術等の魅力や情報を幅広く発信し、理解を深めてもらうことを目的に開催されたもので、約170社が集合し展示や体験等でPRを行いました。

本協会出展の「建設業魅力発信ブース」では、コマツカスタマーサポート(株)山口支店の協力のもと、実際のバックホウに試乗しての記念撮影やパネル展示を行いました。

また、初日の17日は祝日ということもあり、子供向けイベント「けんせつきかいで遊ぼう!体験しよう!」をキャッチコピーとして、下関支部持参のミニ重機にまたがって、アーム操作でボール等をすくい上げるゲームと、岩国支部持参の重機ラジコンを使ったお菓子すくいゲームを実施しました。

今回の出展に当たっては、毎年、地域イベントやお祭り等に参加経験のある岩国・長門・下関支部の3支部から2名ずつの計6名と、協会本部職員5名山口県土木建築部監理課3名コマツカスタマーサポート(株)山口支店5名がスタッフとして参加、2日間で延べ23名体制で実施しました。

2日目の18日は平日でしたが、高校生1600人の招待日ということもあり、高校生・一般向けの展示に模様替えを行い、DVD上映を行いました。

会場の山口きらら博記念公園は「山口ゆめ花博」が開幕したばかりということもあり、たくさんの来場者で賑わい、本協会ブースもすぐに行列ができる盛況ぶり。ブースの来場者数は2日間で延べ1,100人になりました。

体験した子どもたちからは「ミニ重機を操作をするのが難しかった」、「本物も動かしてみたくなった」との声や、「大きな機械に乗れて嬉しかった。怖くなかった」といった感想が聞かれ、真剣な表情でラジコンを操作する姿や、本物の重機の上でみせる笑顔がとても印象的でした。
また、来場者には本協会作成の災害復旧やボランティアなどの社会貢献活動をPRしたチラシ山口県土木建築部作成のパンフレット、子供新聞コマツ重機のぬり絵等の配布も行い、一般の方に建設業を知っていただく良い機会となりました。
本協会では今後とも地域社会に貢献するとともに、イベント等を通じて、たくさんの方々に建設業の役割や魅力を発信していきます。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.119 sec. Powered by WordPress ME