2019/9/20 金曜日

未来につながる橋をつくろう!「中学生ブリッジコンテスト」開催!

Filed under: 建設業協会 — admin @ 11:00:08

中学生にものづくりの楽しさを体験してもらい、建設業や土木・建築系専攻科のある実業高校への興味関心を高めてもらおうと、令和元年8月23日・24日の2日間、下松市の「ゆめタウン下松 海の広場」にて「中学生ブリッジコンテスト」を開催しました(主催:山口県立徳山商工高等学校(以下・徳山商工)、共催:(一社)山口県建設業協会、(一社)中国建設弘済会、後援:山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会、周南市教育委員会、下松市教育委員会)

このコンテストは、公募によりエントリーされた中学生がオリジナルの橋の模型を製作し、デザイン、質量(経済性)、強度、プレゼンテーションの得点を総合的に競い合うというものです。8度目の開催となった今回は、県内8中学校から17名の生徒が参加。中でも女子生徒が8名参加し、過去最多となりました。

参加者は、まず1日目に「橋の構造」を学び、基本の橋の模型を作った後、コンテスト用のオリジナル橋を製作。徳山商工生のアドバイスや補助を受けながら、限られた時間の中で橋を作り上げました。

2日目はいよいよ「コンテスト日」です。出品された橋は、橋桁の上の部材を三角形になるよう接合した「トラス橋」が15作品、弓のように反ったアーチが特徴の「アーチ橋」が1作品、橋の上に斜めに張った部材で桁をつる「斜張橋」が1作品。
はじめに「プレゼンテーションコンテスト」が行われ、参加者一人ひとりが橋の特徴や工夫した点など作品をPRしました。「自分の好きなハーフパイプをイメージしてつくった」「できるだけ軽くて、かかる力を分散できるような形を目指した」など思いは様々で、熱のこもったプレゼンテーションに審査員も聞き入っていました。

その後、橋を計量して軽さを競う「質量コンテスト」を実施。50g未満が満点として採点され、参加者は自分の橋の質量の発表を固唾を飲んで見守りました。

コンテストのクライマックスは「強度コンテスト」です。1キロずつ重りを載荷させていき最大5キロで満点となります。

橋が50gだとすると5キロの重りは自重の約100倍の重さ!重りを載せるたびに会場は緊張感に包まれ、音を立てて崩れ落ちる橋やたわみもなくクリアする橋に、観客から大きな拍手と歓声が湧き起こりました。

接戦の中、見事優勝に輝いたのは光市立光井中学校2年の岸村遥帆くん(写真上:左)。強度と質量のバランスの取れた橋で高得点となりました。受賞後、岸村くんは「バルサ材を切ったり接着したりと細かい作業が難しかったですが、サポートしてくれた中野さんの教え方がとてもわかりやすく、なんとか作り上げることができました。将来の夢はまだ決まっていませんが、今回参加したことでものづくりにより興味が湧きました」と話してくれました。

サポートした徳山商工の中野麟太郎くん(写真上:右)は「バルサ材をクロスにする部分が特に苦労しましたが、丁寧に進めていくことを心がけてサポートしました」と感想を語ってくれました。今年は優勝、準優勝、三位、デザイン賞、審査員特別賞のほか、「強いで賞」や「感謝で賞」、「末廣賞」が追加され、合計8名が受賞しました。

実行委員長の松井幸司先生は「女生徒の参加が多かったためか、今回のコンテストでは仕組みにとらわれずデザインを重視した作品が目立ちました。8回目の開催になりますが、毎年中学生の柔軟な発想に驚かされます。また、今年は司会進行を高校生に務めてもらったことで、高校生も今まで以上に自分たちで運営していくイベントという責任感と達成感があったのではないでしょうか。」とおっしゃっていました。

大会会長を務められた徳山商工・岩本武久校長は「参加する生徒たちの意欲や専門性が非常に高いように思いました。単に模型を作るという意識ではなく、その橋が実際に街の中にあるイメージが描けているのではないでしょうか。コンテストを通じてものづくりの楽しさ、大変さを身を以て感じてもらい、将来この子たちが作る本物の橋を渡ることができたら嬉しいですね」と、子どもたちの未来に期待を膨らませておられました。

アイデアを形にすることで、ものづくりへの興味が膨らむブリッジコンテスト。今回の経験が生徒のみなさんの将来につながっていくことを願っています。本協会では今後ともこのイベントを通じて、未来を担うものづくり人材の育成をバックアップに取り組んでいきます。

(表彰者記念写真(全て前列):左から)
感謝で賞:常廣紗良さん(下松市立久保中学校3年)
強いで賞:内山七美さん(下松市立末武中学校2年)
末廣賞:貞廣瀬名くん(光市立光井中学校2年)
デザイン賞:田畑ひかるさん(周南市立秋月中学校3年)

優勝:岸村遥帆くん(光市立光井中学校2年)
準優勝:吉瑞月さん(光市立島田中学校2年)
3位:長沼千太郎くん(下松市立久保中学校2年)
審査員特別賞:岡村奈菜美さん(下松市立末武中学校2年)

(表彰者記念写真:左から)
デザイン賞:田畑ひかるさん(周南市立秋月中学校3年)
3位:長沼千太郎くん(下松市立久保中学校2年)
優勝:岸村遥帆くん(光市立光井中学校2年)
準優勝:吉瑞月さん(光市立島田中学校2年)
審査員特別賞:岡村奈菜美さん(下松市立末武中学校2年)

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

Repair of the amalgamator for a bathroom.

HTML convert time: 0.121 sec. Powered by WordPress ME